研究会の記録‎ > ‎2014年度‎ > ‎

第98回

2014/06/02 23:42 に 院生会1 が投稿   [ 2015/08/04 23:43 に更新しました ]

芸術と人類学が交差する領域において近年きわめて精力的な活動を行ってきた、オスロ大学社会人類学科教授Arnd Schneider氏を迎え、第98回現代人類学研究会を行います。

【日時】2014年6月14日(土)15:00開始~17:00頃終了予定。研究会終了後、懇親会も予定しております。

【場所】東京大学駒場キャンパス14号館407号室(京王井の頭線駒場東大前駅5分)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_13_j.html
*土曜日のため14号館正面入口は閉鎖しております。ご面倒ですが、エントランスカードをお持ちでない方は、建物に向かって右のテニスコート側外階段より4階までお越しください。

Dialogues between Contemporary Art and Anthropology: Future Challenges

【発表者】Arnd Schneider(オスロ大学教授)

【司会】箭内匡(東京大学教授)

【発表概要】
Arnd Schneider writes on contemporary art and anthropology, migration, and film. His main publications include Futures Lost (Peter Lang, 2000) and Appropriation as Practice: Art and Identity in Argentina (Palgrave, 2006). He co-edited (with Christopher Wright) Contemporary Art and Anthropology (Berg, 2006), Between Art and Anthropology (Berg, 2010) and Anthropology and Art Practice (Bloomsbury, 2013). He was a co-organizer of the international conference Fieldworks: Dialogues between Art and Anthropology (Tate Modern, 2003). Experimental Film and Anthropology (co-edited with Caterina Pasqualino) will be published by Bloomsbury in 2014.