2012年度

第84回

Inuit shamanism, hunting and divination in contemporary Nunavut, Canada

2012年4月16日
  • Frederic Laugrand(Laval大学教授)
  • 【コメンテーター1】名和克郎(東京大学東洋文化研究所准教授)
  • 【コメンテーター2】里見龍樹(東京大学大学院総合文化研究科)
  • 【司会】箭内匡(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

第85回

<特集> 芸術と人類学

2012年6月18日
  • 中谷和人 (京都大学大学院人間・環境学研究科)「技能・動機づけ・絆・自己――芸術の生態学的理解へむけて」
  • 田中理恵子 (東京大学大学院総合文化研究科)「芸術なるもの」をめぐって――現代社会におけるクラシック音楽の生成
  • 【コメンテーター】箭内匡 (東京大学大学院総合文化研究科)
  • 司会:大岡響子(東京大学大学院総合文化研究科)

第86回

<特集> 政治人類学/紛争研究におけるエリート集団研究の可能性:フィジーの事例から

2012年7月15日

  • ドミニク・シーダー(日本学術振興会外国人特別研究員/一橋大学大学院社会学研究科平和と和解の研究センター研究員)
  • 【コメンテーター】丹羽典生(国立民族学博物館准教授)
  • 司会:里見龍樹(東京大学大学院総合文化研究科)

第87回

トルコ漫画の展開の中に見る「キャラクター」の誕生と消失: 伝統的影絵芝居カラギョズからもたらされた道化の機能と変容

2012年11月2日
  • 横田吉昭(東京大学大学院総合文化研究科博士課程超域文化科学専攻表象文化論分野)
  • 【コメンテーター】佐々木紳(東京大学大学院人文社会系研究科イスラーム地域研究部門特任研究員)
  • 司会:伊藤翠(東京大学大学院総合文化研究科)

第88回(東京大学東洋文化研究所セミナー共催)

"Vampire Bats and a "Monster Disease": Indigenous Leadership Joins
Linguistic and Medicinal Anthropology Diagnosing an Epidemic

2012年12月6日
  • Charles L. Briggs, PhD, and Clara Mantini-Briggs, MD MPH
  • 司会:名和克郎(東京大学東洋文化研究所准教授)
    第89回

    社会的意味と身体の狭間にある彫り物:東京下町の人々の身体的経験に関する一考察

    2012年12月17日
    • ヘイリー・マクラーレン (一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士課程)
    • コメンテーター:吉田ゆか子 (国立民族学博物館 機関研究員)
    • 司会:出田恵史(東京大学大学院総合文化研究科)

    第90回

    <特集医療人類学:慢性疾患における「不確実性」の人類学的な議論に向けて

    2013年2月2日
    • 碇陽子(金沢星稜大学)「身体と外部の「境界」と「不確実性」:慢性疾患における「不確実性」の人類学的な議論に向けて」
    • 磯野真穂(早稲田大学)「診察現場の不確実な身体―循環器疾患のフィールドワークを通じて」
    • 【コメンテーター】高橋絵里香(日本学術振興会特別研究員)
    • 【コメンテーター】土井清美(東京大学大学院総合文化研究科)
    • 司会:大岡響子(東京大学大学院総合文化研究科)

    第91回

    <特集> 「復興」を考える-地域社会における民俗芸能と祭礼の「現在」

    2013年3月9日
    • 金賢貞(東北大学)「ぜいたくな被災地調査?-女川町出島における被災地民俗文化財調査-」
    • 滝澤克彦(東北大学)「祭礼の復興は地域の復興につながるか―村落のレジリアンスにおける祭礼の位置―」
    • コメンテーター:阿南透(江戸川大学)
    • 司会:大岡響子(東京大学大学院総合文化研究科)