home‎ > ‎

本年度の開催

「文化人類学を自然化する」

・日時:2021年3月21日(日)13:00~18:00
・オンライン開催(zoom)
・参加方法:3/19(金)までに下記までお申し込み下さい。
 3/20(土)正午までにご案内をお送りします。
(申し込みフォーム)https://forms.gle/dnQQTvBhdvQm3j4f9 
※3/20以降のお申し込みは直接c.anthro.workshop.info@gmail.comまでお願いいたします。
・概要
 国立民族学博物館の共同研究「文化人類学を自然化する」の成果発表の一環として開催いたします。
 この研究会は、哲学の自然主義の流れに触発されながら、 ダーウィン的企図のもと文化人類学を書き換えることを
 目標として2017年に組織されました。メンバーは新旧10名の人類学者(霊長類学者を含む)と、 自然主義の哲学者、
 社会心理学者です。 このカンファレンスで4年間の議論の成果を発表いたします。
・発表者
      第1部 基礎編(13:00-15:15)
1.山田一憲(大阪大学)
 「ニホンザル集団における寛容性の地域間変異」
2.高田 明(京都大学)
 「他者と同じように行為すること」
3.中川 敏(大阪大学名誉教授)
 「記号の進化論:アフォーダンスからフェティッシュへ」
4.飯田 卓(国立民族学博物館)
 「探索と推論の限界心理学 :アフォーダンス理論と関連性理論の架橋」
5.中村 潔(新潟大学)
  「メタファーの使用と濫用」
コメント:唐沢かおり(東京大学)
      第2部 応用編(15:30-18:00)
1.浜本 満(九州大学・一橋大学名誉教授)
 「ヒトにおける技の複製:模倣から物語へ」
2.松尾瑞穂(国立民族学博物館)
 「脱魔術化の見果てぬ夢:インドにおける呪術禁止法と信念の腑分け」
3.中空 萌(広島大学)
 「ガンジス川が「法人」になるとき:「時代の感受性」とインスクリプション」
4.菅原和孝(京都大学名誉教授)
 「狩猟採集民のできごと語りを組織する内的連鎖は因果なのか?」
コメント:戸田山和久(名古屋大学)
*質疑応答はSlackにて受付(参加申込者に後日案内いたします)
*当初予定されていた中川理発表はキャンセルとなりました。


「ビジネス・エスノグラフィーの最前線」
主催:国際ファッション専門職大学・現代ファッション特別セミナー

・日時:2021年1月13日(水)18:00~20:00
・オンライン(zoom)開催

・発表:小田亮(元首都大学東京教授)
 「スマイルズという会社の人類学—システムの中のコモン・ネットワーク」

・コメンテーター:比嘉夏子(北陸先端科学技術大学院大学)
・司会:田中雅一(国際ファッション専門職大学 )

共催:国際ファッション専門職大学 基幹共同研究「コンタクトゾーンとしての現代ファッション」
   現代人類学研究会

*参加方法:1/12(火)までに、下記までお申し込み下さい。事前にZoomのURLをお知らせいたします。
(申し込みフォーム) https://forms.gle/Bar579oZDFNJj9rL9
・問合わせ:niwa.tomoko@piif.ac.jp (国際ファッション専門職大学・担当:丹羽) 

【小田亮氏・プロフィール】 
専門は社会人類学、アフリカや沖縄の民族誌的研究。最近は〈コモン〉論をテーマとしたアクチュアル人類学を立ち上げることに取り組んでいる。著書に、『構造主義のパラドクス 野生の形而上学のために』 (勁草書房)、 『構造人類学のフィールド』(世界思想社)、 『性 (一語の辞典)』(三省堂)、『レヴィ=ストロース入門』(ちくま新書)など。

【比嘉夏子氏・プロフィール】 
ポリネシア/トンガでフィールドワークを行う。近年は企業等の各種リサーチや共同研究プロジェクトにも携わり、多くの人々に拓かれた社会の実現を実践的に目指す。著書に『地道に取り組むイノべーション 人類学者と制度経済学者がみた現場』(共著、ナカニシヤ出版)、『贈与とふるまいの人類学 トンガ王国の〈経済〉実践』(京都大学学術出版会)など。



『トラウマ研究』合評会

2019年11月9日(土)14時00分~17時30分
場所:国際ファッション専門職大学 東京キャンパス(新宿コクーンタワー) 


共催:挑戦的研究(開拓)「もの、語り、アート、宗教にみるトラウマ体験の共有と継承」(2019-22年度)


【趣旨説明】   

田中雅一(編者/国際ファッション専門職大学)

松嶋健(編者/広島大学)

 

【 コメンテーター  】

   根本雅也氏(立命館大学)

   金栄氏(翻訳家・編集者)

   宮地尚子氏(一橋大学)




転置の記憶を潜在させる環境――インターネットと親密空間

2019年2月17日(日)14:00-
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

共催: ディアスポラの記憶と想起の媒体に関する文化人類学的研究(JSPS科研費基盤(B)18H00783、代表:岩谷彩子)

【発表】

左地亮子(東洋大学)「アーカイヴ=イメージの力をインターネット上の記憶の場から考える――フランスにおけるジプシーのコメモラシオン運動を事例に」

稲葉あや香(東京大学)「ヴァーチャル化する記憶の場――日系人のオーラルヒストリープロジェクトのオンライン展開」

ゴロウィナ ・クセーニヤ(東京大学)「在日ロシア語圏移住者のオン(オフ)ラインの生活空間におけるマテリアリティと情動」

岩谷彩子(京都大学)「ヴァーチャルな居住空間――ルーマニアのロマ御殿における想像力と桎梏」

【コメント】
箭内匡(東京大学)

【全体討論】



医学教育を通して人類学教育の拡張可能性を考える

10月14日(日)13:30-
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1

【趣旨説明】浜田明範(関西大学)

【発表】
倉田誠(東京医科大学) 臨床医学との出会い:医学研究・教育における人類学の展望

山崎吾郎(大阪大学) イノベーションと/の人類学:大学院プログラムにおけるプロジェクトの事例から

飯田淳子(川崎医療福祉大学) 臨床との関連づけに重きをおいた医療者向け人類学教育の試み:「症例検討会」と「臨床実
 習のエスノグラフィックな歩き方」

【コメント】
浮ケ谷幸代(相模女子大学)、渡邊日日(東京大学)
【全体討論】



ダダ・ドコット氏による博士論文に基づく発表、ワークショップ

【発表者】 ダダ・ドコット(Dr. Dada Docot) (ニューヨーク大学上海校)
【コメンテーター】 ゴロヴィニャ・クセーニヤ(Dr. Ksenia Golovina)(東京大学)

2018年10月5日(金)15:00-19:00
場所:東京大学駒場キャンパス14号館4F 14-407

第一部 Part1  博士論文に基づく発表 Ph.D. Thesis Report by Dr. Docot (予約不要)
Anthropology of the Hometown, Postcolonial Hauntings, and Methodological Confusions
15:0016:30

第二部 Part2 方法論についてのワークショップ Methods Workshop by Dr. Docot (事前参加連絡が必要です)
The Method of Negative Production: A Non/Methods Workshop 
17:00-19:00
※第二部のみ、参加される方は事前にご連絡ください。第一部ドコットさんによる論考“Negative Productions during Fieldwork in the Hometown” (DOI: 10.1080/2373566X.2017.1370385).に事前に目を通してご参加ください。



フレデリック・ローグラン,アントワン・ローグラン

The Power of Playing and Killing. 
Transfer of Knowledge among Indigenous Peoples in the Arctic and in the Philippines

2018年7月26日(木)
東京大学駒場キャンパス14号館4F 14-407
15時~
  • 【発表者】 Frédéric Laugrand(ラヴァル大学 教授)
  • 【発表者】 Antoine Laugrand
  • 【コメンテーター】箭内匡(東京大学 教授)
  • ※民族誌映像上映含む


第112回

つくること・あらわすことーーインゴルド『メイキング』再考

2018年4月15日
  • 【文献紹介】物井愛子(東京大学大学院)
  • 【発表者】丹羽朋子(人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター)
  • 【発表者】藤田周(東京大学大学院)
  • 【発表者】兼松芽永
  • 【発表者】登久希子 (国立民族学博物館)
  • 【コメンテーター】山越英嗣(早稲田大学人間総合研究センター)